バイアグラ 禁忌

※最重要 禁忌事項をチェック

バイアグラの服用にあたって、最も気をつけるべき注意事項は、併用禁忌に指定されている薬です。主なものとしては、硝酸剤と呼ばれるもの、あるいはニトログリセリンです。これらの薬を服用している場合には、バイアグラなどのED治療薬の使用はできません。これ以外にも、いくつか禁止事項があるので、確認しておきましょう。まずひとつは、ED治療薬に含まれる成分について、過敏症などを持っている方です。これは、これまでの薬の使用経験、あるいは通院経験から判明することがあります。また、使用した際に異常を感じてわかることもあるので、気になることがあったら使用をやめ、医師に相談しましょう。また、勃起は血流と関係が深く、治療薬も血管に働きかける成分を含んでいます。そのために、心血管系障害などを有しており、性行為が大きな体に負担をかけると判断された場合は、バイアグラ等の治療薬の使用ができません。

 

他にも、持病を持っている方の中でも、特定の病気の場合には使用が不可能になります。狭心症、肝臓障害、脳梗塞や心筋梗塞などがそれにあたります。いずれもその病状や疾患した時期によって対応は変化しますので、医師へ伝えておく必要があります。また、極度の低血圧や高血圧の場合も、使用できないことがあります。ED治療薬は特に、血圧を下げる効果があります。低血圧の場合は循環器の機能に支障をきたしますし、高血圧の場合には使用している薬と相まって、極端に血圧を下げてしまう可能性があります。

 

この他、例えばアルコールの過剰摂取、あるいは酩酊状態での使用は十分な効果が得られません。また、思わぬ副作用の危険性もあるので気をつけましょう。また、ED治療薬の中には、食事によって摂取した脂肪分と成分が結びつき、そのまま対外へ排出されるものがあります。これを避けるためには、薬の服用を空腹時にすること、あるいは脂肪のとりすぎに注意しましょう。また、早すぎる摂取も効果を十分に得られないことがあります。