バイアグラ 服用

服用時の注意点

バイアグラを服用する際には、注意点がいくつかあります。まずひとつは飲み方です。バイアグラなどを代表とするED治療薬に限った話ではないですが、薬は水かぬるま湯と一緒に飲むのが基本です。これにはいくつか理由があります。ひとつは、口から摂取する薬の臨床試験を見ると、必ず水かぬるま湯で飲まれています。つまり、薬の効果を十分に得るためには、水かぬるま湯飲むことが前提となっているのです。もう一つの理由は、水無しで飲んだ場合に、薬が胃に届かず、のどに張り付くことがあります。この場合、喉で成分が溶けだし、粘膜が炎症を起こす可能性があります。この2つの理由から、水やぬるま湯での服用が大切というわけです。また、補足ですが、お茶やジュースなどでの服用も避けたほうがいいでしょう。これは先ほどの臨床試験が関係します。薬の作用はもちろん、副作用についても水やぬるま湯での服用が前提となっているのです。したがって、それ以外のもので飲むと、思わぬ副作用が起こる可能性があるのです。

 

2つ目の注意点としては、薬を飲むタイミングがあります。薬の種類によって若干異なりますが、バイアグラの場合は、性行為を行う1時間ほど前の服用が最適です。加えて、空腹時に飲んだ方が効果が得られやすいです。これは単に、胃に食べものがない方が成分が吸収されやすいからです。また、脂肪分が薬の成分を阻害してしまうことも報告されています。あくまで脂肪をたくさん含む食事を摂取し過ぎた場合に問題が起こるので、それほど神経質になる必要がありません。

 

3つ目の注意点としては飲む量です。バイアグラには25mg、50mg、100mg(通販のみ)の3種類の錠剤がありますが、いずれの錠剤を選んだにしても、『1日1錠』の服用を守ってください。そして、次の錠剤を飲むまでには必ず24時間の間隔をあけるようにしてください。これは飲み過ぎると血管拡張作用から急激な血圧の低下が懸念されるからです。1錠飲んで効き目が弱いからといって続けて次の錠剤を飲むようなことはしないでください。効果の増加よりも副作用の増加を引き起こしてしまいます。

 

 

また、他に持病を抱えていて、薬を服用している場合は必ず医師に報告しておきましょう。薬の中には、ED治療薬との併用で大きな副作用を引き起こしてしまうものがあるからです。初診の際に必ず効かれますので、毎日でなくとも定期的に飲む薬などがある場合、また、新たに薬を飲み始めた際には、絶対に報告しておきましょう。特に、ED治療薬は血圧を変化させることで効果を与えるものですので、血圧に関する薬は要注意です。

 

 

このようにバイアグラの正しい服用方法を守り、安全に使用するようにしてください。