バイアグラ 個人輸入

バイアグラの個人輸入について

バイアグラは、現在では簡単に個人輸入の方法で入手できます。これは『バイアグラの通販』とも呼ばれています。個人輸入というと、手続が難しいといったイメージを持っている人もいるかもしれません。また、言葉(英語)が分からないと個人輸入はできないと思っている人もいるかもしれません。しかし、難しい手続きについては、個人輸入代行業者という、手続を代行してくれる業者が存在していて、こういった業者を利用すれば難しい手続に煩わされることはありません。これらの業者のサイトは、もちろん日本語で運用されていて、言葉の問題も生じません。
これらのサイトを利用する場合、利用者は商品を選んで、カード払いなどで代金を決済すれば、後は自宅で商品の到着を待つだけで、バイアグラが手に入ります。郵便局留めが利用できる業者もありますし、梱包の際には中の商品が判別できないような包装になっているなど、プライバシーにも配慮されています。国内で購入する場合と違って、処方箋も不要ですし、医師の診察を受けないので、初診料や診察料がかからないというメリットもあります。
個人輸入の注意点としては、上述したように医師の診察を受けないので、同時に服用してはいけない薬(併用禁忌薬)を自分が服用していないかをチェックしたり、体調や既往症との関係で服用できない場合に当たらないかについてチェックしたりするのも自分自身でやらなければならないということがあります。また、ネットで流通しているバイアグラには偽物が存在していることも分かっています。信用のできる業者から購入するようにしてください。