バイアグラ ジェネリック

バイアグラのジェネリック品

バイアグラは、健康保険の対象にならないため、1錠が千数百円という高価な薬となっています。もっとも、最近になって、バイアグラのジェネリック医薬品が日本でも開発販売されるようになったため、多少は安く買えるようになりました。
ジェネリック医薬品というのは、オリジナルの薬(先発医薬品といいます)の特許が切れた後、その薬と同じ主成分の薬を他社が販売する薬のことです。後発医薬品ともいいます。ジェネリック医薬品は、研究開発にかかる費用を抑えられるため、安価に製造販売ができるという長所があります。

 

 

日本では最近になって販売ができるようになったバイアグラジェネリックですが、海外ではもっと以前からバイアグラジェネリックといわれるものが販売されていました。これらは、インドで製造されたジェネリックです。医薬品の特許には、薬の成分そのものに対する特許である物質特許や、製造方法に対する特許である製法特許などがあります。インドでは、物質特許を認めず、製法特許のみを認めていたため、製法さえ独自に開発すれば、オリジナルのバイアグラの特許期間が残っていても、いち早くジェネリック医薬品が開発できたのです。

 

 

インド製のバイアグラジェネリックは、非常に安価であることに特徴があります。1錠数百円あるいはそれ以下の価格で購入できます。国内では未承認なので薬局などでは販売されていませんが、個人輸入では買うことができます。ジェネリックの場合も偽物が販売されている危険があるのは、オリジナルのバイアグラと同様なので、信用のできる業者から買うようにしてください。