バイアグラ タブレット

飲みやすく効きやすいタブレットタイプ

ファイザー社が製造する先発薬「バイアグラ」は錠剤のみなので、タブレットタイプのものは存在しません。しかし、「バイアグラ」のジェネリック(後発薬)であれば、タブレットタイプのものがあり、本家「バイアグラ」よりもメリットがあると一部で支持されています。

 

 

タブレットタイプの場合、口腔内の舌下にはさむことにより粘膜から直接吸収されるので、通常の錠剤が胃腸から吸収されるのに比べて、効果が現れるまでの時間が大幅に短縮できます。臨床検査では、多くの男性が服用後15分以内に効果が現れたとの報告が上がっています。さらに、粘膜吸収のほうが成分が破壊されずに体内に吸収されます。また、先発薬「バイアグラ」よりも体内に成分が長く残留する傾向があります。平均すれば、30分以内に効果が現れ、効果継続時間は5時間にも及ぶとのことです。

 

 

ジェネリックですから、有効成分は「バイアグラ」と同じシルデナフィルであり、作用機序もまったく同じです。効果の現れ方も「バイアグラ」とほとんど同じなのですが、タブレットタイプであることにより、錠剤よりも効果の現れ方が大幅に改善されるというのは、実に画期的なことと言えるでしょう。タブレットタイプの服用方法は、舌下で溶けた後、水を飲むことで循環がさらに促進されるようです。