バイアグラ 価格

価格相場 病院処方と個人輸入

バイアグラを入手するには、病院で処方を受け薬局で購入する方法と個人輸入代行を利用する方法の二通りがあります。では、それぞれの価格相場はどうなるのか比較してみましょう。まず、病院処方ですが、ED治療は日本では保険適用外の自由診療となることを知っておいてください。保険適用ですから、受診費用とバイアグラのすべて患者負担となります。また、自由診療の場合、医療機関によって受診費用に大きな差が出ます。ここでは、参考数値として平均的な相場を挙げておきます。初診料及び検査料として5000〜10000円。バイアグラの価格は1錠あたり1500〜2000円となります。つまり、病院処方でバイアグラを購入すると1錠あたり6500〜12000円かかるということです。

 

 

一方、個人輸入代行で「バイアグラ」を購入すると、こちらも代行業者によって差はありますが、大体1錠あたり、送料込みで1500円が平均相場となりますから基本的に錠剤の価格としては病院処方とあまり変わりはありません。ただし、個人輸入代行業者によっては、まとめ買いすることによって、1錠あたりの単価を安くする割引制度や、リピート注文者にクーポンを発行して値引きをするサービスを行っているところがあります。この割引制度を導入することにより、1錠の価格が半額ほどになる場合もありますので、個人輸入代行によりだいぶ安く購入できます。
また、通販では診察料はかかりません。さらに言うと、病院処方ですと、通常25mg錠か50mg錠しか購入できません。日本人の体格からすれば、これで十分だからです。一方、個人輸入代行で取り扱っているのは、多くが100mgであり、日本ではこれを割って服用することになります。バイアグラは100mgでも50mgでも価格に差があまり無いため、100mgを購入して半分の50mgに割って使用する人が多いようです。これだと実質半額でバイアグラを利用できることになります。
100mgと割引制度を利用することにより、個人輸入では格安でバイグアグラを入手することが出来るのです。。

 

 

価格面で病院処方と個人輸入を比較すれば、個人輸入代行の方がだいぶ安いことがわかるかと思います。しかし、安全面や確実性を考えると正規に病院で処方してもらったほうがいいでしょう。