バイアグラ 通販

勃起の仕組みとEDについて

他の病気でもそうかもしれませんが、EDも実際に自分がなってみないと深刻さに気づかないものですね。健康なときは意識していませんが、ペニスが正常に勃起するということは、男性としての自信にもつながっています。EDになってから、何となく覇気がなくなって、活力を失ってしまう男性も多いのです。また、EDになると、女性と接することに消極的になってしまったり、夫婦の場合は、セックスレスになって夫婦の不和の原因となったりもします。

 

 

このようにEDというのは、男性にとって恐ろしいものなのです。
それにもかかわらず、そもそも男性のペニスがどういった仕組みで勃起するのか、EDとはどういった状態をいうのか、ご存じない方も多いかと思います。
そこで、ここでは勃起の仕組みとEDについてご説明します。

 

 

まず、勃起は、性的な刺激を感じるところから始まります。性的な刺激には、視覚によるものもあれば、聴覚や想像によるものなどもあります。性的な刺激は、脳から勃起中枢を通って、陰茎周辺部にまで伝わります。性的な刺激が伝わると、陰茎周辺部では、まず一酸化窒素(NO)が分泌されます。NOが分泌されると、cGMPという物質の分泌が促進されます。このNOやcGMPには、血管を拡張させる作用があります。血管が拡張すると、陰茎への血液の流入量が増えて、ペニスの中にある陰茎海綿体というスポンジ状の組織に血液が充満します。こうして、血液が充満して、ペニスがパンパンに膨らんだ状態が勃起です。なお、射精が終わった後には、PDE5という酵素が働いて、cGMPを分解します。cGMPの濃度が下がると、勃起したときとは逆に、血管が収縮して、勃起が収まるのです。

 

 

そして、EDというのは、上記の経路のどこかに障害が生じた状態のことをいいます。
幼児期に受けた性的虐待のようなトラウマによって、そもそも脳が性的な興奮を覚えないような場合は、ペニスが勃起しませんし、性的な刺激を陰茎周辺部に伝達する神経が傷ついているような場合も勃起はおこりません。また、陰茎周辺部で動脈硬化が起こって、血管が拡張しにくくなると、ペニスに血液が流れ込みにくくなって、EDになりやすくなります。また、何らかの理由によって、cGMPの分泌が阻害されたり、cGMPを分解する酵素であるPDE5が働きすぎると、cGMPの濃度が十分に高まらず、血管の拡張が起こらないため、ペニスが勃起しにくくなります。(ちなみに、バイアグラの主な作用はここに関係します。バイアグラにはこのPDE5の分泌を抑え込む作用があります。その為に医学的にはED治療薬のことをPDE5阻害薬と呼んでいるのです。また、cGMPの分泌を増加させる働きもあります。このような化学的な作用も持ってバイアグラはEDを治療しているのです)

 

 

さらに、人間の身体の機能を制御している神経(自律神経)には、交感神経と副交換神経とう2系統の神経系があります。このうち交換神経は緊張状態にあるときに働く神経系なので、血管を収縮させる方向に働きます。この状態では、ペニスは勃起しにくくなります。逆に、副交感神経はリラックスしているときに働く神経系で、血管を弛緩させる方向に働きます。ペニスが勃起するには、副交感神経が優位である必要があるのです。ストレスなどが蓄積して、心身の緊張状態が続くと、自律神経のバランスが崩れて、副交感神経が働きにくくなります。このようにして、ストレスはEDの原因となるのです。

関連ページ

ED(勃起不全)とは
EDとは何か説明しています。様々な原因がありますが、現在ではバイアグラ等の治療薬で改善可能です。